吉野を訪れた文人

大岡昇平

吉野を訪れた文人

DSC_8599-2

大岡昇平は「吉野の春秋」の中で、このように表現しています。 ・・・吉野山は申すまでもなく桜の名所である。私は京…

続きを読む

万葉の第一人者 犬養孝「私の道 喜佐谷」①

吉野を訪れた文人

万葉道

万葉の第一人者であった犬養孝さんは、吉野にも生前数多く訪れていました。「わたくしの道 喜佐谷」でこのように記述…

続きを読む

谷崎潤一郎の「吉野葛」①

吉野を訪れた文人

六田

昭和初年の吉野の様子が、いきいきと描写がされている小説として、 谷崎潤一郎の「吉野葛」があげられます。谷崎は大…

続きを読む

谷崎潤一郎の「吉野葛」②

吉野を訪れた文人

上市町並み

「吉野葛」では上市の町のことを、このように紹介しています。   ・・・奈良を立ったのが早かったので、…

続きを読む

谷崎潤一郎の「吉野葛」③

吉野を訪れた文人

宮滝

「吉野葛」では宮滝のことも、谷崎はこのように紹介しています。 ・・上市から宮滝まで、道は相変わらず吉野川の流れ…

続きを読む

谷崎潤一郎の「吉野葛」④

吉野を訪れた文人

紙干1

国栖は「吉野葛」のメインテーマとなる地域です。谷崎はこのように表現しています。 ・・・晴れた十二月のある日の朝…

続きを読む

万葉の第一人者 犬養孝「私の 喜佐谷」②

吉野を訪れた文人

朗唱ソロ

犬養孝さん「わたくしの道 喜佐谷」の続きです。 ・・・ひきがえるなどもいる薄暗がりの森の向こうに、水かさを集め…

続きを読む

万葉の第一人者 犬養孝「私の道 喜佐谷」③

吉野を訪れた文人

朗唱4人

犬養孝さん「わたくしの道 喜佐谷」の続きです。 ・・・旅人は、大宰府で、望郷の思いに堪えかね、  「わが命も常…

続きを読む

万葉の第一人者 犬養孝「私の道 喜佐谷」④

吉野を訪れた文人

象川-8

犬養孝さん「わたくしの道 喜佐谷」のエンディング部分です。  森林の谷道をくだりきって、喜佐谷の村に出れば、も…

続きを読む

井伏鱒二「吉野ー釣師・釣場」①

吉野を訪れた文人

その他六田

井伏鱒二は大正5年に吉野を訪れています。「吉野―釣師・釣場―」は昭和34年の小説新潮での記述です。 ・・・私は…

続きを読む

井伏鱒二「吉野ー釣師・釣場」②

吉野を訪れた文人

宮滝の岩つつじ

井伏鱒二「吉野―釣師・釣場」の続きです。 ・・・翌朝、竹林院の本堂で山伏たちの吹き鳴らす法螺の音で目を覚まし、…

続きを読む

島崎藤村「訪西行庵記」

吉野を訪れた文人

西行庵

今回からは、近代~現代の作家が書いた吉野を舞台とした小説・随筆・日記を紹介します。中世~近代と様々な文人たちが…

続きを読む

亀井勝一郎「吉野の山」

吉野を訪れた文人

滝桜

亀井勝一郎「吉野の山」での描写です。亀井氏は昭和25年吉野を訪問しています。 ・・・どうも吉野の桜といふ奴は曲…

続きを読む

白州正子「夢の浮橋」

吉野を訪れた文人

屋形橋

白州正子さんも吉野を訪れています。昭和51年「日本の橋」の中の「夢の浮橋」で、このように書かれています。 ・・…

続きを読む

瀬戸内晴美「古都旅情」

吉野を訪れた文人

西行庵

瀬戸内晴美さんの「古都旅情」(昭和54年)で描かれている吉野です。 今は瀬戸内寂聴となっておられますが、昔は瀬…

続きを読む

楠本憲吉「私と吉野」

吉野を訪れた文人

SDIM1592

俳人の楠本憲吉さんは、「私と吉野」でこのように記載しています。 ・・・(中略)・・・ 「葛と娘はわしらが自慢 …

続きを読む

白州正子「かくれ里」

吉野を訪れた文人

女人結界

白州正子さんの「かくれ里」から吉野の記述です。かくれ里の初出は1970年でした。 ・・・(略)・・・秋の吉野山…

続きを読む

内田康夫「天河吉野殺人事件」①

吉野を訪れた文人

桜花壇

内田康夫さんのサスペンス小説で、ルポライターの浅見坊っちゃんが出て来て事件を解決していくシリーズ本があり、その…

続きを読む

内田康夫「天河吉野殺人事件」②

吉野を訪れた文人

隠れ塔

内田康夫「天河伝説殺人事件」では、このような記載もあります。 歌書よりも軍書に悲し吉野山 古来、幾百幾千とも知…

続きを読む

内田康夫「天河吉野殺人事件」③

吉野を訪れた文人

国栖

内田康夫「天河伝説殺人事件」の作品テーマは能です。ここでは能「国栖」も紹介しています。 この夜、奉納されたのは…

続きを読む

渡辺淳一「うたかた」①

吉野を訪れた文人

七曲り櫻

渡辺淳一の小説に「うたかた」があります。この物語も渡辺淳一ワールドである中年男女の恋愛小説となっています。作家…

続きを読む

渡辺淳一「うたかた」②

吉野を訪れた文人

滝桜

渡辺淳一「うたかた」の続きで、二人の会話です。 ・・・ほぼ白色から淡紅色、そしてやや濃い色と、何層にも重なりあ…

続きを読む

渡辺淳一「うたかた」③

吉野を訪れた文人

歌藤

渡辺淳一「うたかた」で、吉野の桜の描写エンディングです。 宿の部屋からは谷の一面しか見えなかったが、ここまで登…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 雄綱

吉野を訪れた文人

雄綱

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その3 稲渕の棚田から すぐに飛鳥川にかかる神所橋に着きます。こ…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 南渕請安の墓

吉野を訪れた文人

南淵請安

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その4 稲渕の集落を歩くと龍福寺の先で少し小高い丘に南渕請安の墓…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社

吉野を訪れた文人

あすか神社

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その5 飛鳥川上坐宇須多岐比売命神社という日本で一番長い名前の神…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 雌綱

吉野を訪れた文人

雌つな

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その6 日本で一番名前の長い神社を歩いて暫くすると、右の飛鳥川に…

続きを読む

飛鳥から吉野へ  加夜奈留美命神社

吉野を訪れた文人

No Image

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その8 「さらら」から暫く歩くと加夜奈留美命(カヤナルミ)神社の…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 加夜奈留美命神社

吉野を訪れた文人

加夜奈留美

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その8 「さらら」から暫く歩くと加夜奈留美命(カヤナルミ)神社の…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 栢森の棚田

吉野を訪れた文人

栢森の棚田

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その9 加夜奈留美命神社を左に見て、女淵方向とは反対の右手にとり…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 古道小峠

吉野を訪れた文人

古道小峠

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その10 栢森の棚田からすぐ右手に古道小峠の入り口の看板が現れま…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 芋峠入口

吉野を訪れた文人

芋峠入口2

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その11 古道小峠を越えると、平行に走る県道15線と合流します。…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 三軒茶屋跡

吉野を訪れた文人

茶屋跡

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その12 芋峠入口から200m坂を登った所に三軒茶屋跡という看板…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 芋峠2

吉野を訪れた文人

芋峠降口

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その13 芋峠頂上付近から県道15号線へ一旦降ります。この降りた…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 千股

吉野を訪れた文人

行幸

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その14 芋峠を降りて着いて場所は千股です。年の企画ではここをバ…

続きを読む

飛鳥から吉野へ 吉野宮

吉野を訪れた文人

宮滝

「大海人・さららが越えた芋峠 飛鳥から吉野へ」その15  大海人が吉野でいた8ケ月は吉野の至る所を出歩きました…

続きを読む

勝谷誠彦氏の吉野入り

吉野を訪れた文人

P1210375

昨日は金峯山寺聚法殿で、コラムニスト勝谷雅彦氏を迎えての講演会と、田中利典師とのトークセッションがありました。…

続きを読む

サブイボマスク

吉野を訪れた文人

P1210406

昨日は、ファンキー加藤主演の地域活性化映画「サブイボマスク」の PRイベントで、ファンキー加藤さんが吉野に来ら…

続きを読む