第3回吉野 古典芸能を楽しむ集い

吉野の文楽・能の故地を歩く

IMG_8437

昨日蔵王堂境内「神楽殿」で第3回「吉野 古典芸能を楽しむ会」が開催されました。台風の影響も最小限に留まり、開催できたことに感謝します。今回は吉野山観光協会さんとのジョイントイベント。そして何よりも、金峯山寺さんのご協力があったからこそ実現出来ました。今回は金峯山寺境内ということで、カンブリアさんの演目も蔵王権現様を侮って蛙に変えられた「蛙飛び」のお話し。そして中東学芸員の講演(落語?)も「山伏と蛙飛び」にまつわるお話をして戴きました。

そして今回の勘緑&木偶舎の演目も、今京都嵐山にある桜は吉野から移した桜であり、同時に子守の神や勝手の神そして蔵王権現様も嵐山に現れたという能「嵐山」を、人形浄瑠璃にアレンジした創作演目でした。昨年秋の勝手神社より参加者は少なかったものの、蔵王権現様の前での吉野ゆかりの古典芸能は、自然と感情移入がしやすい空間となりました。吉野は古典芸能のルーツである事、そんな吉野に誇りをもってくれる方が一人でも増えて戴きたいものです。

« »