東吉野の句碑⑥ たかすみの里

スマイルバスで行く吉野

平野

たかすみの里駐車場の入り口にある句碑は、水原秋桜子の「冬菊の

まとふはおのがひかりのみ」の俳句です。この句碑は、東吉野村が俳句の里づくりの拠点「たかすみの里」の開設を記念して造られました。

この句は昭和42年、秋桜子が石鼎旧居と丹生川上神社を訪れた時に作句したものです。たかすみの里はにはたかすみ温泉があり、木の香りのするマキ風呂とヒノキ風呂そして露店風呂もあり、大自然を満喫できる温泉です。特に冬に大人気の樹氷を見る為に高見山に登った登山客にとって、冷え切って疲れた体にはここの温泉は大評判です。

« »