上市の夏祭り

吉野中央部 上市周辺

EPSON MFP image

今年も7月27日(土)午後8時から、吉野川での花火大会が開催されます。その前の午後7時30分からは、吉野川に浮かぶ幽玄の灯り「上市灯籠流しも行われます。毎年上市の子供は冬の『初市』と夏の吉野川祭りが楽しみでした。特に夏は、花火大会・灯篭流しの他に『たてやま』や『鵜飼』といったイベントがあり、そのバックで流れていたのが『上市小唄』でした。「♪大和上市なつかしところ 水の流れも寝てて聞く ほんに上市よいところ よいところ♪」この歌詞は8番まであり、歌詞を書いたのが野口雨情でした。彼は先祖に当たる南朝楠家の墓参りの為吉野山を訪れました。この滞在中、上市に立ち寄り詞作したのが、この「上市小唄」だったのです。昔上市の商工会青年部長だった浜田さんが、この懐かしい歌を復活させようとして、部員が毎晩鐘や歌の練習し、朝日放送で録音させて戴いた事を思い出します。

« »