スマイルバスツアー2018 1回目

スマイルバスで行く吉野 吉野北部 龍門・中龍門方面

昨日は今年最初の「スマイルバスで行くディープな吉野」で、矢治峠を越え津風呂湖畔を歩き、遊覧船の上から湖に沈む前の津風呂村を想像し旅しました。吉野は古代から中世そして近世や近代に亘って様々な歴史があります。しかし、案外60年ほど前の戦後の少し前の事すら忘れされようとしています。参加者は今回は町内の方が町外の方より多かったですが、その町内の方すら遠い記憶となっています。更に津風呂湖を走る遊覧船に乗った方も案外少なかったのにも驚かされました。遠くの観光地に遊びに行くことも楽しいですが、地元の知られざる歴史や暮らしに触れるのもいいものです。美しかった茶畑・仕事に出る為に毎日越えた矢治峠の灯り。秋には多くとれた松茸。正月には村人全員で春日神社に参った風景など当時のお話しは、黒澤明監督の「夢」のイメージと重なっていきました。そんなつましく美しい暮らしは、吉野でも遠い歴史の世界になりつつあります。 IMG_3503

« »