日南市子育て支援センター

スマイルバスで行く吉野

ことこと

 

吉野には帰ってきましたが、フェリー弾丸ツアーで行ってきたのは、志布志港から近い宮崎県日南市の油津商店街。日南は最近では広島カープのキャンプ地として知られていますが、漁業と飫肥杉の集散地として栄えました。飫肥杉は油分が多くしかも軽いので造船用材として使われていました。しかし木造舟ニーズの減少にで飫肥林業は衰退し、町の活力も低下して行きます。そこで危機感を覚えた市役所では各課を横断して、飫肥杉利用の推進を図る為「飫肥杉課」が誕生します。活動の一環で「日本全国杉ダラケ倶楽部」吉野大会で、日南市の方々が吉野にもこられた事もありました。「obisugi design」のブランドで家具や建具・木工などに取り組んでいる状況は知っていました。

そして日南も吉野と同じく木育活動や「ウッドスタート宣言」をしていますが、吉野よりもっと見える形で行っています。それが油津商店街の入り口にある「子育て支援センター ことこと」です。飫肥杉をふんだんに利用した施設には、次から次へと親子連れが入れ替わり立ち代わりに訪れています。子育てのベースに地元の飫肥杉がある感じでした。飛込みで訪れた施設でしたが、半時間に渡って職員の古田さんに施設を案内して戴きました。飫肥杉が子育てにいかに役立っている事を力説戴きました。ここで過ごした子たちは、きっと木材が好きになることでしょう。古田さん、有難うございました。

« »