能の舞台④ 天河弁財天

スマイルバスで行く吉野

天河神社舞台

このツアーで最後にご案内するのが天河大弁財天社です。天河神社はパワースポットしても有名ですが、今回は芸能の神様としての天河神社の側面でご案内します。細野晴臣やブラア・イーノなど有名なミュージシャンやここを訪れるには理由があります。内田康夫の「天川伝説殺人事件」ではここが重要なポイントとなります。本の中には吉野の「国栖」や「二人静」が紹介され、「吉野琴」を作った観世元雅が影の主人公となります。世阿弥の息子であり将軍足利義教の寵愛を失った元雅は、再起を願いこの神社に尉の面を寄進します。しかし、その願いも甲斐なく元雅は30才という若さでこの世を去ります。ここではこの尉の面(レプリカ)を見る事も出来るそうです。9月10日に開催されます見聞悠学の旅「吉野の能楽の地を歩く」でキャンセル待ちの皆様、今暫らくだけお待ち戴けるとありがたいです。

« »