吉野 伝統芸能を楽しむ集い

吉野山を歩く

EPSON020

4月30日、勝手神社境内で「吉野 古典芸能を楽しむ集い」を行います。昨年4月30日に勝手神社において能勢人形浄瑠璃「鹿角座」の皆さんを迎えての奉納が行われました。この勝手神社では、文楽や歌舞伎の「義経千本桜」。能では「二人静」「吉野天人」「吉野琴」など様々な伝統芸能の舞台となっている場所です。この吉野はそんな本物の伝統芸能が相応しい場所だという事を、地元の方にも訪れる方にも紹介しようというのが趣旨です。午後1時からの序段として、池田先生の「義経千本桜」と吉野の解説から始まります。

« »