福西和紙を撮影しよう

スマイルバスで行く吉野

福西和紙

10月のスマイルバスツアーは、吉野の風景を撮影しようという企画です。今回は吉野の景色の撮影ではなく、吉野が誇る匠の技を記録に留める企画で、福西和紙本舗の福西正行さんに協力戴きます。福西正行さんは、文化財の修復には欠かすことの出来ない「宇陀紙保存技術保持者」に今月8月2日に認定されました。古より吉野に受け継がれた技術を後世に残す為に、国が認定した技術を有する匠です。そんな福西さんの和紙作りの記憶を記録に留めるものです。今までの風景ではなく、人の動きを撮影する技術を、プロカメラマンの山本茂伸さんが帯同し、現場でレクチャーします。写真の技術とともに、吉野の和紙の奥深さも学んで頂きます。開催は10月17日(土)、参加費2000円です。詳しくは吉野スタイルで近々ご案内しますのでご覧ください。

« »