スマイルバスツアー第5弾「大塔宮吉野城を巡る」その3

吉野山を歩く

丈の橋

高城山を下りて暫く歩くと右手に、「吉野三橋の一 丈の橋跡」と刻んだ石票があります。これは「天王橋」「大橋」と同様、大塔宮吉野城の空堀のあった所です。ここは左右からの谷が迫って、ここで尾根が狭くなっていることがわかります。そこを深く掘り割って跳ね橋を架けて、合戦のときに橋を跳ね上げると堀が現れ、橋はそのまま盾となりました。

 

« »