吉野の万葉歌

吉野万葉の歌碑を歩く

霞 象川

吉野の万葉歌16 巻6-911 

「み吉野の秋津の川の万代に 絶ゆることなくまた還り見む」

 

・・・み吉野の秋津の川の流れが、いついつまでも絶えることがないように、再び還りきて見たいものだ・・・

 

ここで出てくる秋津(秋津野)とは、宮滝・御園・楢井付近の吉野川南岸の風光明美な所の総称のようです。この辺はその他菜摘など本当に雅な響きのある地名が多いです。

« »