吉野の万葉 巻1-25(天武天皇)

吉野万葉の歌碑を歩く

全景

吉野には沢山の万葉歌が詠まれています。その中でも代表的な歌を御紹介しましょう。訳については桐井雅行氏の「憧憬 古代史の吉野」から引用させていただきました。まず最初は、天武天皇が皇子の時、追われるようして越えた芋峠を回想して詠った歌とされる 巻1-25(天武天皇)です。

 

み吉野の 耳我の嶺に 時なくそ 雪は降りける 間なくそ 雨はふりける

その雪の 時なきが如 その雨の 間なきが如 隈もおらず

思ひつつぞ来し その山道を  

 

(大意) 吉野の耳我の嶺にはいつも雪が降っていた。ひっきりなしに雨が降っていた。その雪や雨がいつも降っているように、止む時もなく物思いにふけりながら山道をやってきたものだ。

« »