義経隠れ塔

スマイルバスで行く吉野

隠れ塔

スマイルバスで行く義経の道第2ポイントは義経の隠れ塔です。女人結界から金峰神社まで戻り、社務所横の冠木門をくぐれば義経隠れ塔に着きます。兄頼朝に追われた義経は、この塔に暫く隠れていましたが、更なる危険から逃れるため、塔を蹴破り奥まで落ち延びたという伝説の舞台です。

 

又ここは修験道の道場としても大事な所です。先達に率いられた行者が塔の中に入ると、扉が閉められると漆黒の闇になります。先達を先頭に右手を壁にあてて3回まわります。この時に

 吉野なる深山の奥の隠れ塔 本来空のすみかなりけり

 オンアビラウンケンソハカ南無役行者神変大菩薩 と唱えて廻ると

最後に半鐘が激しく鳴り、扉が開き外の明りが差し込みます。それは不思議と清新な気持ちとなります。今回の参加者にはこの体験をして戴けます。この体験は非常に貴重な体験ですので、絶対にお勧めです。

« »