太閤花見塚

スマイルバスで行く吉野

太閤花見塚

太閤秀吉は、文禄三年(1594)二月二十七日、秀次、徳川家康、宇喜多秀家、前田利家、伊達政宗ら五大老を始め茶人、連歌師たちを伴い、総勢五千人の供揃えで吉野山を訪れました。しかし、秀吉が吉野山に入ってから三日間雨が降り続きました。吉野全山の僧たちの晴天祈願の甲斐あってか、翌日には晴天となり、盛大に豪華絢爛な花見が催されました場所からの風景です。吉野駅の横の観光車道を登り、如意輪寺の手前の右側に、吉野山の町が一望できる「太閤花見塚」はあります。写真は4月8日午前8時過ぎの撮影です。この花見塚自体の桜はまだ咲き始めた所です。

« »