吉野中央部 上市周辺

昨日の午後からは三奇楼蔵カフェのオープン。今回はその蔵の2Fで、今年から地域おこし協力隊として吉野町に来た2人(安田さん、笹部さん)が企画した藏カフェライブラリーという新たな試みが始めりました。これは彼女らと関わる人々らが勧める1冊1冊を展示し、同時に彼女らがそのお勧めポイントのコメントを丁寧に添えていくものです。本は知識の源泉であり、図書館は地域の文化の拠点でもあります。数は決して多くなくても、町民のそれぞれが読書に興味を持つ人が増え、それが地域の民度を上げる第一歩となる事を期待したいものです。これからも是非継続していって下さい。

« »