また見てみたい夏の風物詩② 鵜飼い

スマイルバスで行く吉野






昭和30年代前半まで、桜橋の下で「鵜飼い」が行われていました。まだ上市商店会が元気な時代で、鵜匠は長良川から来て戴いていたそうです。『古事記』には、「吉野川の河尻(じり)に至りし時、梁(やなをうちて魚を取る人あり。天ツ神、汝(なんじ)は誰ぞと問いければ、僕(あ)は国ツ神、名は贅持(にへもつ)の子、阿田の鵜孝部(うかいべ)の祖なり」と書かれています。鵜飼いは吉野川から始まった事に習い、上市で鵜飼いをしていた時がありました。なかなか優雅な夏の風物詩でした。水量を確保する工夫ができたら、平宗さんらが中心に復活してもらいたいものです。写真は本迫さんのライブラリーからお借りしました。

« »