うれし峠

吉野中西部 中荘・国栖方面

入野トンネルを抜けて窪垣内に入ると、吉野で最も美しい景色が目に入ってきます。吉野川の中で最も蛇行している場所で、正面の山が島や半島のように見える所。この山を超える峠が「うれし峠」です。この峠を越えると宮滝から南国栖までを直線距離で歩くことが来ます。大海人皇子が「壬申の乱」前の7カ月間吉野で潜在していた頃、この峠を越えて国栖人との交流や、乱の打ち合わせをしていたのかもしれません。地元の国栖では、このように大海人皇子が詠った歌が伝承されています。「この里に 国栖の翁の あればこそ 無事に往き來し うれしや峠」。今秋の「スマイルバスで行くもっとディープな吉野」で越える計画をしています。

« »