サカセン報告会続き

吉野中央部 上市周辺

チーム・サカセン報告会第三部は、朗読劇「阪本仙次物語」松谷圭子さんは演出・ナレーター。阪本猷さん役は紙森智章さん。千代さん役は村井郁枝さん。天国にいる猷・千代夫妻が父親の阪本仙次を回想することで、彼の偉業や人となりを紹介し、語りと同時に阿部綾子さんのピアノの生演奏という演出で、誰もがわかる阪本仙次ショーともいうべき内容でした。最後に招待者の中から吉野町長、阪本仙次が興した吉野鉄道を引き継いだ近鉄の藤田さんが吉野銀行をき継いだ南都銀行からは青木さんが、最後に畿央大学の三井田さんから感想を戴き、報告会を終了しました。昨年夏から阪本仙次の遺業をもっと多くの人々に知って戴きたいとの思いで、11人によるチーム・サカセンが結成されました。町内外から思いがありスキルある精鋭が揃い、阪本仙次さんの功績を精一杯お伝え出来たと思っています。次年度は阪本猷・千代さんの功績をお伝えします。今回は参加戴きました人々によって、阪本仙次が語り継がれていくことを期待しています。今回は有難うございました。

« »