吉野の地名④ 飯貝

吉野中央部 上市周辺

私が住んでいる飯貝という地名の由来です。諸説があるようですが、おおまかにいうと2つ。1つは藤田地区には猪ノ上さんという苗字があります。井上と書くのが普通ですが、猪のいを使うのは珍しいです。古代、鳥飼部や犬養部がいたように、猪の捕獲・献上、飼育・養育に従事した職業部がいて、「いのかい」から「いいがい」になった説。もう一つが神武天皇が吉野で出会った「井氷鹿(井光)」に由来します。この井光の伝承地は川上村の井光。吉野山の善福寺下にある井光井戸。そして飯貝の水分神社の下にある「井光井戸」があり、本居宣長は『古事記伝』で飯貝説を採っています。この井氷鹿(いひか)がいいがいになったという説です。

写真は飯貝の老舗松屋本店(尾上)です。尾上さんには芭蕉が泊まった田螺庵。そして、先々代は谷崎潤一郎と親交があり、名作「吉野葛」の元となる吉野の様々な情報を伝えたそうです。

« »