ひと晩だけのスナックいくこ

吉野中央部 上市周辺

9月6日の三奇楼蔵場では一晩だけのスナックになります。蔵場ではスナックが初めての登場です。そしてママは吉野ビジターズビューローの宮谷尉久子さんです。私の時代だとスナックといえばパープルシャドウズの歌「小さなスナック」が流行る程でした。お酒が提供するカテゴリーを調べると、バーテンダーがカクテルをカウンター越しに提供するバー。同じくカウンター越しにママが接客するスナック。そしてソファーやBoxシートがあり、女性スタッフが接客するラウンジ。そしてホステスがいて会員制のクラブがあります。しかし地方に行って安心して入れるのはスナックです。スナックのママは宮谷さんの夢で、「ひと晩だけのスナックいくこ」という店名がいいです。メニューはご覧の通り良心的な価格です。上市にも昔はカンパリやルビーなどのいくつかのスナックがありましたが、今では全くなくなりました。旅に来た人の為にもあって欲しいものです。宮谷さん、ひと晩だけと言わず、月1回はやって欲しいものです。

« »