令和の寿ぎ

吉野山を歩く

本日5月1日は令和が始まる日です。新天皇陛下御即位礼正殿の儀に合わせ午前10時30分から蔵王堂さんでは、平成の御代が良い時代になりますように祈る法会が執り行われます。皆さんもこの機会にご一緒にお祈りに参加されませんか。そして今日午後3時半からは、観世流シテ地方能楽師の松井美樹先生と京都女子大学能楽部の学生・OGらを交えた「吉野座」の謡と仕舞。最後には森田流笛方の杉市和先生が一管を務めて戴く「桜華祭・謡曲奉納」があります。吉野が舞台の「吉野天人」や「嵐山」そして、役行者にまつわる「葛城」の仕舞も奉納されます。今年の吉野の桜に感謝して、そして迎える令和の時代を寿ぐために奉納されます。吉野山蔵王堂に是非お越し下さい。尚、堂内にお入り戴くには、御本尊特別御開帳の拝観料が必要です。

« »