伊勢街道の上市を歩く⑤ 北村家

吉野中央部 上市周辺

この北村家は代々キソウの筆頭番頭にあたるお宅でした。百年以上の前の佇まいを今も保っています。谷崎潤一郎の「吉野葛」に出て来る一説「・・・恐らくこの辺の家は、五十年以上、中には百年二百年もたっているのがあろう。が、建物の古い割に、何処の家でも障子の紙が皆新しい。ちょっとした破れ目も花弁型の紙で丹念に塞いである。それが澄み切った秋の空気の中に、冷え冷えと白い。-略- とにかくその障子の色のすがすがしさは、軒並みの格子や建具の煤ぼけたのを、貧しいながら身だしなみのよい美女のように、清楚で品よく見せている。」と記されているお宅が、この北村家だと思われます。当日はこのイベントの為に、家の内部を見学させていただけます。入った見御側には輿入れをした駕籠が目を惹きます。

« »