みちやす人形展

吉野中央部 上市周辺

10月は三奇楼が本格オープンして2年になります。10月は三奇楼の2nd アニバーサリーとして色々なイベントを用意しています。まずは人形作家:岡本道康さんの人形展を、蔵2Fの蔵ギャラリーで展示する「みちやす人形展」を開催します。この道康さんの人形は、吉野割箸の作業工程から出る木屑を粘土に混ぜ込んだ「森のねんど」で作るもので、森のねんどは吉野材利用の究極です。道康さんの作り上げた粘土は彼の手によって、人形は活き活きとした表情となります。そんな吉野が故郷の人形が、里帰りともいうべき「みちやす人形展」が三奇楼蔵ギャラリーで見る事ができます。会期は10月13日(金)から18日(水)10時~17時までです。展示期間中は、のんびり珈琲を楽しめる蔵カフェもオープンします。皆さんもどこかで見たことのある子供たちやおじいちゃんの姿に懐かしさを感じることでしょう。

« »