スイスのフォレスター達

吉野中央部 上市周辺

先日、川上村で吉野林業を学ばれている2人のスイスとお会いしました。吉野貯木の製材所:上大木材さんが、彼らに吉野の林業家や製材所の方々とバーベキューとお酒を飲む歓迎会を設け、そこにご招待して戴きました席です。彼らはスイスのフォレスターたちで、奈良県とベルン州が友好提携を結んでいる事から、県が川上村と十津川村に2ケ月派遣された二人。フォレスターはスイスやドイツ・オーストリアでは地位が高く、尊敬される職業です。森林整備に関する提言、作業道の範囲の選定などの専門技術や実践技術の外に、法律的権限も持つ森のスペシャリストです。スイスも付加価値のある木材生産を目指しており、吉野林業と同じものがあります。しかし、日本はA材より合板やバイオマス発電など、BC材志向で安価で量産型の林業に邁進しています。彼らフォレスターの存在の高まりで、吉野林業・吉野材が再評価される時代が来て欲しいものです。

« »