丸山千枚田

スマイルバスで行く吉野

先日熊野の「丸山千枚田」を訪れました。1340枚の規模があり、日本の棚田百選にも選ばれている棚田は実に規模も大きく、バリのライステラスを思い起こすものがありました。400年前には2240枚あったものが、平成初期には後継者不足から530枚まで減少したそうです。

しかし地元住民の復田作業や、都会からのオーナーの登録で復活してきたそうです。棚田は日本の原風景であると同時に、水田文化を共有するアジア共通の原風景なのかもしれません。

« »