新緑の飛鳥から吉野へ⑧

スマイルバスで行く吉野

古道「小峠」を越えて一旦県道に繋がります。その角に役行者の像を見てすぐに、今度は古道「芋峠」に入ります。坂を登り終えた場所はすこし平場で、ここが三軒茶屋跡とされています。この場所には持統天皇が輿に乗り、吉野へ行幸するシーンを再現した看板があります。持統天皇はこの峠を越えて34回も吉野に来られました。ここから20分程度で県道の芋峠を越えます。大海人皇子は芋峠を越えて異界の吉野に入り、8か月後は吉野から矢治峠を越えて壬申の乱に勝利します。ルビコン川を越えたカエサルのように、大海人皇子は芋峠・矢治峠を越えて運命を切り開いていきました。今回はここからバスに乗って斉明・天武・持統天皇らが愛した吉野宮に向かいます。本当に大勢の方がお申込み戴き、有難うございました。

 

« »