三重高校の遠足

吉野中央部 上市周辺

昨日は三重高校3年(6年生)120名が大型バス3台で、吉野をテーマとした遠足に来て戴きました。私は3号車を担当させて戴き、如意輪寺、昼食を兼ねて上市の三奇楼。午後からは国栖で手漉き和紙(福西さんと植さん)体験と、最後は貯木の中央木材で製材工場の見学をして戴きました。三重高校の生徒さんたちは事前学習で、吉野の寺社仏閣・吉野の歴史上人物・修験道の事・本居宣長・祭り・産業・食べ物・自然・「吉野杉の家」など、吉野での新たな取組など自分たちがテーマを決め、全員でまとめたレポートを一冊の本にしてくれていました。本当に凄い生徒たちで、吉野の人間でも知らない吉野の事を調べてきてくれていました。吉野と三重高校のある松阪市とは、「菅笠日記」の本居宣長で繋がっています。しかし、これを機会に松阪と吉野がより一層近くなった気がします。三重高校の皆さん、小西先生、昨日は有難うございました。是非とも又吉野にお越し下さい。

« »