町制60周年 旧吉野町を考える

吉野中央部 上市周辺

以前の吉野町は、明治22年の町村制施行により吉野山村・丹治村・飯貝村・橋屋村・左曽村・六田村が合併した旧吉野町です。吉野町の産業の多くがこのエリアに集中します。桜を中心とする観光産業の中心地の吉野山。そして製材所など木材産業が集中するが飯貝・丹治・橋屋地区です。昭和31年の6ケ町村が合併する際は、それぞれの文化や気質が違う地区が一つになるので、困難だったことが想像できます。しかし、吉野町と上市町は、昭和14年この地に貯木を建設する際に協力をします。用地買収は吉野・上市両町からそれぞれ買収委員を選んで進めました。この買収を契機にして吉野・上市両町の連係が進み、工事が終了したら両町間に橋を架けようという事になり、桜橋や材木橋が架けられたそうです。そして今吉野町と世界の架け橋となるAirbnbの建物が、間もなくこの地に完成します。

« »