吉野貯木を歩く①

スマイルバスで行く吉野 吉野中央部 上市周辺

昨日はスマイルバスで行くディープな吉野「吉野貯木を歩く」で、昭和14年に、日本最古の木材団地:吉野貯木をご案内射せて戴きました。一番最初にご案内したのは、阪口製材所さんのモデルハウス。阪口製材所さんは、製材所でありながら建築士や工務店と連携して、実際に吉野材を使った家を作っている先進的な製材所です。吉野材を使って、こんなおしゃれな家が出来ると実感した吉野サロンと吉野MIXのモデルハウスでした。次は建築材以外にも吉野材の良さを発信している吉野中央木材へ。石橋輝一専務が工場案内の元、樹齢80年生以上の吉野杉を実際に製材して戴きました。お昼は中央木材事務所奥にある「ちょぼくハウス:ほまれのはなれ」をお借りしての食事。親戚家に来たようなの懐かしい感じで、実にほっこりした雰囲気で昼食を楽しみました。午前中は貯木で先端を走る事業所をご案内しました。

阪口勝行さん、石橋輝一さん、有難うございました。

« »