企業版ふるさと納税

スマイルバスで行く吉野

企業版ふるさと納税ってご存知ですか?個人のふるさと納税は、応援したい市町村に寄付すると、自己負担の2000円を除いた金額が、所得税・住民税から 控除され、しかも寄付のお礼として地域特産物が送ってもらえるので人気となっています。これに対して企業が市町村に寄付した場合、損金算入や法人住民税等の税額控除などのメリットがあります。吉野町の場合は、現在お台場で展示している「吉野杉の家」を、吉野町で木に囲まれたゲストハウスとして移築して活用する為や、子供たちに木の良さを子供たちに伝える木育事業などに使われる予定です。日本経済新聞調べによると。近畿2府4県で14市町村が第一弾の認定を受け、その中に我が吉野町が選ばれています。この認定を受けるには、内閣府に「木の町吉野の復権」を訴える為の物語やロードマップの作製など、相当苦労して勝ち取ったと聞いています。
吉野町担当課の皆さん、本当によく頑張ってくれましたね。町外の企業さん、吉野の木材産業復活の為、企業のCSRとしてふるさと納税をお願いします。詳しくは役場総合政策課まで。

« »