吉野鉄道ゆかりの地と岩崎の建築を巡る

吉野中央部 上市周辺

見聞遊学の旅2016の第三回目は「吉野鉄道ゆかりの地と岩崎の建築を巡る」で、吉野にある吉野鉄道(近鉄吉野線の前身)の痕跡と、それら建物を設計した岩崎平太郎の建築物を紹介するツアーで、9月11日に大和上市駅の受付です。ここ上市駅でご案内するのが、岩崎平太郎が建築した吉野鉄道の幹部職員用に作られた住宅です。漆喰と板張りの意匠は、ヨーロッパ建築のようで美しい建物です。吉野鉄道の駅舎などを設計した岩崎は奈良県知事公舎や、奈良女子大佐保会館、畝傍高校、南都銀行各支店を建築した近代を代表する建築家です。しかも吉野下市生まれで、吉野実業学校(現吉野高校)出身の建築家です。

« »