上市の初市

吉野中央部 上市周辺

上市は川下の下市と並んで、古くから市場町・寺内町として発展します。元々上市は飯貝と上市の間に流れる中の島にありましたが、江戸時代の大洪水によって今の吉野川北岸に移動します。当時の上市は木材が中心ですが、紙や生活雑貨も取引されるようになります。毎月6回蛭子神社を囲むように「六斎市」が行われるようになります。現在では年の一番最初の「初市」だけが残るだけとなりましたが、この伝統だけは残しておきたいものです。今日はその初市があります。上市商店会青年部では、いつものお餅ふるまいに加えて、ジャスパーのマジックショーもあります。今日は上市にお越しください。

« »