映画「海難1890」

スマイルバスで行く吉野

昨日映画「海難1890」を見てきました。1890年オスマントルコ帝国の軍艦「エルトゥール号」が、和歌山県沖で台風の為座礁。これを見た村民が総出で救助・看護師し69名のトルコ人の命を救出。そして、95年後の1985年のイラン・イラク戦争の最中、日本政府が救出に行かなかったにもかかわらず、トルコ政府がイラン在住の日本人たちをに救援機を飛ばして救出してくれた2つの事実を元にした真実の物語。トルコ人を救った日本人(和歌山県人)も凄いけど、その恩を95年後に恩返ししてくれたトルコ人に感動です。日本は自国民すら我が国の自衛隊が救出に行けない国でした。しかし安全保障関連法案が難産の末可決して、ようやく自国民を救出できる国になりました。色々なことを考えさせる映画「海難1890」は本当にお勧めです。

« »