三奇楼お披露目

吉野中央部 上市周辺

昨日は甦った三奇楼の地元方々対象の見学会でした。三奇楼は上市昭和14年まで料亭でした。当時上市のこの辺りは、川上村から筏で下る原木の検査場があり、検査を受ける為に筏師が滞在する場所として賑わいました。この辺りには三奇楼のような料亭以外にも、芝居小屋や飲食店やカフェなどが立ち並び、吉野地方でも有数の繁華街でした。今回南工務店の社長が中心となって、上市の賑わい復活の為、この空き家となっていた三奇楼を、移住定住の拠点及びゲストハウスとして再生させるためリノベーションを施しました。そして、このたび主な改修が終わった時点の昨日、地元の方々へのお披露目をさせて頂いた所、地元の100人近くの方々が来てくれました。当時の思い出を語る人、新たな上市に思いを馳せる人で、三奇楼は往時の賑わいを取り戻しました。

« »