吉野と太平記 吉野神宮

スマイルバスで行く吉野

吉野と太平記 巻第七「吉野城軍の事」⑭ 吉野神宮

吉野神宮です。ここには元は丈六一の蔵王堂があり、元弘三年(1333)大塔宮護良親王が吉野山に陣を構えた時。北条幕府方の総大将二階堂蘊に占領されて、本陣になった所と伝えられています。これにて巻第七は終了です。続きの巻十八「先帝吉野潜幸事」は後日御紹介します。

« »