出張吉野貯木展  年輪

吉野中央部 上市周辺

出張吉野貯木展④ 吉野杉の年輪です。吉野林業の特徴は密植・多間伐・長伐期だと言われています。吉野では1ha当たり8,000本以上の木を集中して植え、下刈・枝打ちを繰り返し、20年目ころから「間伐」を始めます。大事に大事に育てていきます。この木への深い愛情が、節が少なく年輪幅の狭い均一な年輪を生み、これが強度のある建築材として使われる理由です。そして吉野材は赤身がきつくなく、美しい淡紅色をしています。更に馥郁とした香りがし、油分が多いので年月が立つことでアメ色に色艶が変化し、経年変化が楽しめる建築材として愛されてきました。

« »