吉野の万葉歌 巻1-36 柿本人麻呂

吉野万葉の歌碑を歩く

吉野の万葉歌3 持統天皇が吉野宮に行幸した際に、随行した歌人柿本人麻呂が作った歌で、大河の吉野川・美しい宮滝の景色を詠っています。

 

やすみしし わが大君の 聞し食す 天の下に 国はしも 多にあれども

山川の 清き河内と 御心を 吉野の国の 花散らふ 秋津の野辺に  宮柱 太敷きませば 百磯城の 大宮人は 船並めて 朝川渡り 船競ひ

夕川渡る この川の 絶ゆることなく この山の いや高知らす 水激つ

瀧の都は みれど飽かぬかみ   

(大意) 

わが持統天皇の治める国は沢山あるが、山や川の美しい河内と御心をお寄せになる吉野の国の、花が散る秋津の野辺に、宮柱を太くお立てになる宮殿を営まれると、大宮人は船を並べて朝の川を渡り、船を競って夕べの川を渡るこの川の流れのように絶えることなく、この山のように高く立派にお治めになる水流激しい瀧のほとりの宮居は、いくら見ても見飽きないことだ。

« »