吉野の万葉歌 巻3-242 弓削皇子

吉野万葉の歌碑を歩く

吉野の万葉歌9 巻3-242は、弓削皇子が持統天皇の行幸で吉野に来た際作った歌です。

 

「瀧の上の三船の山に居る雲の 常にあらむとわが思はなくに」

 

・・・吉野川のほとりにある三船の山にかかっている雲が、いつしか消えてゆくように、いつまでも生きてゆけようとは私は思えない。

« »