吉野アートフェスティバル⑤

吉野中央部 上市周辺

吉野アートフェスティバルの告知の為のギャラリー巡礼です。栃木県那珂川町にある馬頭広重美術館です。阪神大震災の折、倒壊した蔵から大量に発見されたのは、安藤広重の肉筆の画でした。持ち主が元々那珂川町とゆかりがあったことから、この美術館は生まれました。ゴッホら印象派に強い影響を与えた広重の空間表現を、隈研吾が見事に再現しています。特に直線的な雨を表現する為、地元の八溝杉を細くルーバー状にし、内壁にはこれも地元産烏山和紙を施しています。アクセスはJR烏山線等などで来ることも出来ますが、非常に便が悪いです。宇都宮等でレンタカーを借りて他のギャラリー見学も含めるのがベターです。

« »