吉野の観光 国栖の里

吉野中西部 中荘・国栖方面

国栖は手漉き和紙や割箸など手仕事の産業が多く、又近年都会からこの美しい地域に移り住んだ人々で、ガラス工芸や陶芸をされる人も加わり、手仕事をされる方々が中心となって、国栖の里観光協会を立ち上げました。従来の物見遊山の観光ではなく、モノ作りを中心とした体験観光が中心です。体験メニューは手漉き和紙体験・陶器作り・陶芸・ガラス工芸・My箸作り・木工体験他吉野ならではのメニューを取り揃えています。毎年夏休みの最初に「国栖の里 体験フェスタ」を行っています。大海人皇子が支援してくれた国栖の人に伝えたという手漉き和紙の技術。国栖の地では今も手作りの産業・観光が息づいています。

« »