吉野の産業 柿の葉寿司

吉野中央部 上市周辺

吉野の名物の一つに柿の葉寿司があります。由来は、江戸時代紀州の猟師が熊野のさばを塩でしめ、街道の峠を越えて吉野へ持ってきた所、ちょうど良い塩かげんとなっていた事と、鮨を食べ頃に頂けるよう、柿の葉に包んで保存するという知恵から生まれました。子供の頃はどの家庭でも柿の葉寿司を押す木型は持っており、夏祭りの御馳走としていました。この柿の葉寿司は奈良県だけでなく、隣りの和歌山や石川県にもあるそうです。吉野町でも十数軒が味を競っています。吉野に来て一度味の食べ比べをしてみて下さい。

« »