地元だからわかる吉野の風景14 最後の電柱

吉野中央部 上市周辺

地元だからわかる吉野の景色。昭和14年11月に完成した貯木場は、水陸両貯木場・倉庫に加え、貨車の引込線までありました。引込線は吉野神宮駅から、貯木場内にある製材所の前まで敷設され、それぞれの製材所から直接製材品が積み込まれ、東京汐留まで貨物輸送されました。

この電柱は唯一残る引込線の電柱です。当時電線はここまでで、これより東数メートル貨車は惰性で進んだそうです。この柱も私の家の横の松尾木材の丸太置き場にあります。

« »