吉野の地名 上市②

吉野中央部 上市周辺

昨日の上市・地名の続きです。中の島という地形から、上市は度々の洪水の被害を受けます。ついに延宝二年(1674)の大洪水で、人家の全てが流失しました。当時この中の島には、数百軒の家屋があったそうですが、一瞬にして失われ、決定的な打撃を受けます。何かアトランティス大陸や、広島の草土千軒を彷彿させます。この大洪水で家屋をなくした上市の人々の多くが、北岸の今の上市に移り住むようになりました。これにより、中の島の市場町は姿を消し、「古市場」という地名だけが残りました。

写真は掘立小屋を作り、500年前の古市場を再現した商工会青年部事業「復活・島の市」の1シーンです。

« »