吉野の地名④ 飯貝

吉野中央部 上市周辺

吉野町飯貝という地名の由来です。飯貝には猪飼(いのかい)という小字があり、古代の職業的部族の猪飼部があって、ここから来ている説。もう一つは、神武天皇が吉野で出合った3人の尾の生えた人物の一人で、光る井戸の中から出てくる「井氷鹿(いびか)」で、井氷鹿の出所がこの地であるという2つの説があります。猪飼説では、確かに飯貝には猪ノ上(いのうえ)さんとか、猪ノ本(いのもと)さんという方がいらっしゃいます。井氷鹿説は、川上村の井光と吉野山の井光というライバルが存在します。

« »