2016年05月29日(日) 
5月29日は、和田奈良一さんが亡くなられて四十九日に当たります。建具職人としての矜持を持ち、素晴らしい灯りやランチョンマット、コースターなどを作成されました。
私は職人としての生き方を和田さんからたくさん教えて頂きました。作業所の整理整頓、木と向き合う時の心構え、製品の完成度を高めるための努力などとても貴重なものとして私の心に深く残っています。
また和田さんは吉野の木の良さを伝える役目も同時に果たされていました。吉野はとても大切なものを亡くしてしまったという思いでいっぱいです。
ここにご冥福をお祈りいたします。本当にありがとうございました。