花供会式

お知らせ

花供会式

吉野山で一番桜の盛りの11日・12日に花供会式(花供懺法会)があります。元々桜は役行者が衆生を救う為、吉野で千日の間修業した末感得した蔵王権現を桜に刻んだことから御神木となっています。この桜を金峯山寺の御本尊にお供えする行事です。奴行列を先頭に行列が竹林院から金峯山寺まで続きます。毎年多少早くとも遅くともこの時期には必ず桜はありますが、今年の開花はそれ以上に開花が早かったようです。

«