四本桜

吉野の桜

四本桜2

蔵王堂の西側(威徳天満宮裏の階段下)の皇居桜が満開です。南朝が消滅して630年目。今ではこの桜だけがこの地が都だったことを記憶しています。そして境内にある四本桜。ここは後醍醐天皇の皇子・大塔宮護良親王が、ここを本陣として鎌倉幕府軍と対峙し立て籠り、大塔宮は討ち死にを覚悟し、最期の酒宴をこの場所で行いました。四本桜は陣幕を張った柱の後に植えられたものです。最後の陣幕を張ってから約690年。今年も桜が咲きました。

« »