阪本仙次顕彰会 吉野鉄道(吉野軽便鉄道)

吉野中央部 上市周辺

吉野鉄道4

吉野の悲願だった鉄道。大正元年に阪本仙次は吉野口~六田(当時の吉野駅)まで敷設。更に昭和3年に吉野川に鉄橋を渡し、吉野山まで延伸しました。これにより、大勢の観光客を吉野まで運ぶことが可能となりました。同時に吉野の木材と共に人々も都会まで、容易に移動する事が可能となりました。これで阪本仙次は、土倉庄三郎もなしえなかった鉄道事業に着手することになりました。     写真は大正元年の吉野駅(現六田駅-成瀬氏所蔵)、鉄橋工事中の映像(近鉄所蔵)、現在の鉄橋を渡る近鉄電車(川口和也氏撮影)、現在六田駅にある吉野軽便鉄道発着駅の看板。

« »