全国の美術館⑩ 犬島精練所美術館

スマイルバスで行く吉野

犬島美術館

犬島精錬所美術館は、犬島に残る銅製錬所の遺構を保存・再生した美術館です。「在るものを活かし、無いものを創る」というコンセプトのもと三分一博志の建築した「精錬所」は、既存の煙突やカラミ煉瓦、太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えないがテーマです。建物は非常にインパクトがあるものの、自然に見事なまで調和しています。瀬戸内にある常設美術館の中では一番好きな建物です。2013年夏には吉野から若者ら10数名で来島。そしてその年の秋には、瀬戸芸の期間中、劇団「維新派」の演劇「MARBITO」で訪れます。しかし豪雨の中の開催で、しかもチャーターした船が暗礁に乗り上げ、高松に到着する時間が遅れる等、相当印象に残る犬島でした。

« »