「大和の天皇陵と古墳」④ 箸墓古墳

スマイルバスで行く吉野

箸墓古墳

次に訪れるのは天皇陵ではなく「箸墓古墳」です。邪馬台国の女王卑弥呼の墓ではないかとする学説もありますが、宮内庁では「大市墓」として、第7代孝霊天皇皇女の倭迹迹日百襲姫命の墓とし、陵墓として管理されています。規模は墳長約278メートル、後円部は径約150m、高さ約30mで、前方部は前面幅約130m、高さ約16mを測る。周辺地域の調査結果から、本来はもう一回り大きかった可能性もある古墳で、しかも出現期古墳の中でも最古級の陵墓です。ここでも南側から歩いて一周して戴く予定です。箸墓古墳は見る角度でイメージも違うミステリアスな古墳です。現在は池の水がない時期ですが、開催時期には満々と水を湛えた古墳が楽しめると思います。

« »